石川

【和倉温泉】加賀屋グループ「虹と海」はインスタ映え抜群のおもてなしホテルだった

matuaです。

昨年末の金沢旅行では、1泊目は金沢市内、2泊目は少し足を伸ばして和倉温泉の「虹と海」というホテルに泊まってきました。

1泊目のホテルレビューはこちら↓

【金沢】近江町市場すぐ近く!「ホテルリソルトリニティ金沢」に泊まってきたmatuaです。 年末に夫婦で金沢旅行に行ってきました。 金沢ついた カラフルでおいしいものばかり! pic.twitte...

さすが有名温泉旅館グループ加賀屋の系列店だけあり、いたるところにおもてなしの雰囲気が漂う素敵ホテルでした!

さらにインスタ映えな写真が撮れるスポットもホテル内にたくさんあって、女子旅やカップルに特におすすめの雰囲気のホテルです。

そこでこの記事では、和倉温泉の「虹と海」に宿泊して感じた素敵ポイントといまいちポイントまでしっかりとご紹介します。

>>「虹と海」の料金をチェックする

和倉温泉「虹と海」へのアクセス

「虹と海」は、金沢から特急電車で1時間ほどのところの和倉温泉にあります。

私たちは今回は行きは鈍行列車、帰りは特急「かがり火」に乗りましたが、日にちと時間が合えば「花嫁のれん」というおしゃれ電車に乗るのもおすすめです。

和倉温泉駅からホテルまでは、到着時間を伝えておけば無料の送迎バスが迎えにきてくれます。

駅から歩けないこともないですが、冬とかは辛いのでおすすめしません。

この和倉温泉は、おもてなし全国No1と言われる超有名旅館「加賀屋」があることでも有名。

加賀屋を筆頭に、和倉温泉には加賀屋グループの宿が4つあるんですが、「虹と海」はその中の1つなんです。

加賀屋よりもリーズナブルに宿泊できるので、20〜30代にもおすすめできる温泉旅館です。

和倉温泉「虹と海」の素敵ポイント

すべての部屋がオーシャンビュー

「虹と海」は和倉温泉の中でも一番端の海に近い場所にあるため、全室オーシャンビュー。

私たちが宿泊したのは和洋室の部屋でしたが、部屋に入ると

広い部屋バーン!海バーン!!

という感動の景色でした。

しかもベッドが海に向いているので、朝は海から上がる朝日に起こしてもらえるという特典付きです。

今回泊まった部屋は12畳もある広い部屋で、部屋の中には大きなソファーが。

部屋では畳でゴロゴロするよりも、夫婦2人でこのソファーにいる時間が一番長かったくらい気持ちの良い空間でした。

おしゃれなエントランスや雑貨に写真が止まらない

部屋やエントランス、ロビーにはおしゃれな雑貨やインテリアが満載で写真が止まりませんでした。

まずエントランス。

白い壁に虹色の傘がインスタ映え。

ロビー。

フォトスポットもあるのでわいわい楽しく撮れそうです。

お土産屋さんにもセンスのいいシンプルな食器が売っていて、みているだけでも楽しいです。

そして客室内の備品。

個人的にはノリタケのカップや、BUNACO(ブナコ)のティッシュカバーとゴミ箱があってすごくテンションが上がりました!

ブナコについては青森旅行の青森屋で出会ってから、本気で購入を検討しています。

【青森】あこがれの星野リゾート!「青森屋」はずっといられる素敵ホテルだった matuaです。 先日、ずっと泊まりたくて憧れだった星野リゾート「青森屋」に泊まってきました! 結論からいうと「やっぱり星野リゾ...

料理は金沢・能登の名物を堪能

温泉旅館のメインといえば温泉とご飯ですよね。

ご飯は夕食・朝食ともにバイキング形式だったんですが、最初にのどぐろの焼き物や前菜などは店員さんが持ってきてくれます。

バイキングも地元で採れた食材と中心にかなり種類がありました。

中でも楽しかったのは鍋バイキング。自分で好きな具材とだし汁を入れて、オリジナル鍋を作ることができます。

月1限定!加賀屋グループの温泉巡りができる

そしてメインの温泉。

虹と海の温泉だけでももちろん気持ちよく楽しめますが、実は加賀屋グループでは月に1回、26日(風呂の日)に温泉巡りができるんです!

26日に宿泊している人限定で、加賀屋グループの4つのお風呂が無料ですべて楽しめます。

特に加賀屋の温泉や館内って、格式があって宿泊者でないと入りにくいんですが、この日は堂々と加賀屋を楽しめてお得でした。

和倉温泉「虹と海」のいまいちポイント

夕食会場はにぎやかで落ち着かないかも

バイキング形式なのでしょうがないですが、時間帯によっては混み合ってにぎやかです。

一番いまいちだったなぁと感じたのは、お子様で走り回っている子が多かったこと。

ホテルの責任ではない部分もあるかもしれませんが、危険なのとバタバタ走る振動でテーブルが揺れてちょっと怖かったですね。

チェックアウト10時はちょっと早い

あえてあげるならですが、とても居心地が良かったので、チェックアウトはできれば11時にしてほしいですね。

追加料金を払えばいることももちろんできますが、海外のホテルだと11時や12時のところも多いし。

まとめ:和倉温泉でホテルステイを楽しむなら「虹と海」はおすすめ

いまいちポイントもありましたが、あまり気にならないくらい「虹と海」は部屋も広くて居心地のいいホテルでした。

ホテルステイをメインにして、ゆっくり和倉温泉やホテルの施設を楽しみたい方にはぜひおすすめのホテルです!

ちなみに、今回私たちは2人で32,000円(1泊1室)でした。

matua
matua
宿泊料金は宿泊日が近づくほど値段が上がることが多いので、旅行を考え始めたらまずホテル比較サイトで料金のチェックをしておくのがおすすめです!

和倉温泉への行く機会があれば、ぜひ虹と海に泊まってみてくださいね。

>>「虹と海」の料金をチェックする