ライフスタイル

在宅フリーランス主婦の1日のスケジュールと、気をつけている「ゆるルール」

まつあ
まつあ

とうとう暑くて今年初めてエアコンをつけてしまいました。まつあです。

私はフリーランスでウェブサイト運営の仕事をしていますが、一方で一応主婦でもあります。

今回はそんな主婦フリーランスの1日のスケジュールをご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ
  • フリーランスってどんなスケジュールで生活してるか気になる
  • 在宅ワークの仕事ってどんな1日?さぼらないか気になる

フリーランスの1日のスケジュール(がんばる日バージョン)

日によっても違いますが、最近は下のようなスケジュールで生活しています。

仕事を頑張っている日バージョンです。

9時ごろ 起きる、身支度、ごはん、家事など

10:00 仕事タイム①

13:00 お昼ごはん(だいたい作って食べます)

14:00 仕事タイム②(徒歩圏内のカフェやコワーキングで)

17:00 帰りに食品の買い物して帰宅

18:00 運動タイム(YouTubeでダンス動画や筋トレ)

19:30 夕ご飯

21:00 お風呂

22:00 仕事タイム③

24〜25時ごろ 寝る

がんばる日は仕事は6時間くらい?

サイト運営の仕事を始めたばかりの頃は全てに時間がかかっていたので、8時間くらいはやってたかもしれません。

日によっては外で人と会うこともありますが、最近はコロナの影響でずっと籠っていたのでほぼ毎日こんなルーティンになっています。

まつあ
まつあ
ちなみに2時間のお昼寝が入る日は、午後の仕事タイム③がなくなります!(こうなる日は少なくない)

フリーランスとして家で仕事をする時に気をつけていること

決まった出勤時間もなく自由に自分で決められる裁量があるのがフリーランスの良さですが、一方でどうしてもだらけがちになります。

誰も「おいサボるな!」と叱ってくれる人もいないですしね。

なので自分なりにゆるくルールは決めています。

午前中〜お昼すぎまでに集中してがんばる

午後はどうしても眠くなったり別のことをしたくなったりするので、午前中からお昼過ぎくらいまでは優先的に仕事タイムにしています。

これは1日がかりでじっくりやらないとなと思っていた作業が、思ったより集中できて午前中に終わると爽快です。

朝は強い方ではないので朝6時に早起きして朝活だ!というのはできないんですが、それでも「午前中にちょっとでも仕事する」と決めておくと意外とサクサク仕事が進むことが多いです。

あとお昼寝してしまっても、午前中にちょっと頑張っておけば罪悪感が軽減されます。

疲れたら無理はしない、メリハリをつける

自宅で仕事をしている方の中には、寝る間も惜しんで仕事する人もいると思います。

本人が仕事が楽しくて寝るのがもったいない!と思っているならアリだと思うんですが、やりたくないのに無理をすると個人的には先に気持ちが辛くなってしまうんかなと感じています。

なので私のモットーは「疲れたら無理しない」です。

ただちょっと先にご褒美をぶら下げて

「この1記事書いたらケーキ食べるぞぉぉ」
「あと10分だけやったら昼寝する…!」

とか、ちょっとの頑張りはできるようにして、メリハリをつけるようにしています。

夫婦2人で気持ちよく過ごせる程度の家事をする

あとは主婦の本業?の家事も、ある程度は手を抜いてます。

基準は「夫婦2人で気持ちよく過ごせる家になっているか?」

多少洗濯物があっても我が家の気持ちよく過ごせる基準を超えてなければ「今日はいっか!」と明日に回します。

逆に汚れが気になったり気持ちよく過ごせなくなりそうになったら半日くらい掃除している時もあります。

あと半年に1度くらいやるのが断捨離。

洋服や本の見直しを定期的にやっています。

これもスケジュールはあまり決まっていなくて「そろそろ気になるな」と気持ち良さを感じないタイミングでやってます。

フリーランス生活、私は好きです

自宅で仕事をしている私のフリーランスの1日スケジュールについてご紹介しました。

フリーランスは自由な一方、ある程度は自分でルールや行動基準を決めておかないとひたすらだらだらしがちになります。

合う合わないも人によってあると思うので全ての人に「フリーランス最高だよ会社員辞めなよ!」というつもりは全くありませんが、

個人的には、フリーランス生活はとても好きで気に入っています。

まつあ
まつあ
フリーランスのスケジュールが気になっていた方の何かの参考になったらうれしいです!
30代主婦がパソコン1台でどこでも仕事できるようになった理由|私のアフィリエイトの学び方は?「まつあさんは今何の仕事してるんですか?」 「いつも旅行行ってるイメージだけど、仕事は大丈夫なの?何してるの?」 最近、教員時代...